Roland Cloud「SRX Keyboard」レビュー 最強の拡張ボード

あかん奴きてるわぁ・・・・エグイわぁ・・・JV5080でちまちまエキスパンションボードを入れてたのは何だったんだろう・・・

Roland エキスパンションボードSRXキーボードコレクションを再現した、Roland Cloud用新音源、「SRX KEYBOARDS」をリリース。元のSRX拡張は複数のSR-JV80ボードをコンパイルし、過去10年間の最高のRolandキーボードサウンドを1つの拡張に凝縮。

元ネタは中古市場でも高価なコイツ

SRX-07 Wave Expansion Boards Ultimate Keys [SR-JV80 Collection Vol.2]
ただ僕が大好きで多用してきた 最強ボードSR-JV80-10「Bass & Drums」の波形というかパッチが見当たりませんよ。
これ非常に悲しいですよ。ドSR-JV80-10「Bass & Drums」だけは絶対に手放せない音源でしたから。

これがないっていうのは泣けますね。次回に期待したい。

まずはrolandによるこのプラグインの解説

このVSTは、1702個のオリジナル波形、86種類のエフェクト、393種類のプリセットトーンが収録。
深みのある高解像度の編集インターフェイスを使用して独自のサウンドを作り出す余裕があります。
このコレクションは、あらゆる種類のアコースティック・エレクトリック・ピアノからシンセ・パッド、ストリング・マシンなど、古典的なキーボード・サウンドの驚異的な範囲をカバー。

オリジナルハードウェアのあらゆるニュアンスと詳細を再現するために、DCB(Digital Circuit Behavior)技術を使用して、
強力なプラグインになっています。 DCBは元のサンプルROMを使用し、ハードウェアユニットで使用されるデジタルコンポーネントと回路に起因する元の波形や動作やアーティファクトを正確に再現します。

このサウンドはヒット・トラックや無数の映画やテレビのスコアに現れる古典的なキーボード・サウンドが盛りだくさん。実証済みのサウンドは幅広いジャンルを網羅しており完璧に再現できるように設計。
元のSRX拡張ボードを所有していたミュージシャンにとっては、SRX KEYBOARDS VSTかハードウェアと色彩的に区別できないほど完璧なサウンドにSRX KEYBOARDSの幅広い音色は、現代音楽のあらゆるジャンルとサブジャンルに完全に対応しています。
との事

能書きはいい、実際使ってみた感想。

まずはインストール

悲しいほど少ない容量のVST、昨今ギガ単位のVSTが多い中、この軽さは最高ですね

起動してみました。

ご覧ください。基本的にはJV1080VSTとほぼ同じ感じですが、このパネルのカラーですよ・・

rolandファンなら、何か感じるところありますよね、Roland JP-8080ぽいカラーとボタン。いいねぇ
音出す前からテンションあがるわぁ・・・・

豊富な音色393種類のプリセットトーン

1702個のオリジナル波形、86種類のエフェクト、オールマイティーに使えそうな音色が多い。

ざっと弾いた感じでは
TR909や808、JV2080、JD-990みたいな、一発聞いただけででこのシンセの音だぁ!っていう感じではないスね
ただ、どこかで聞いたことのある、王道を行く音、バッキングでめっちゃ使えそうな音、飛び道具的な音色ではなく
伴奏、全体のクオリティー向上に貢献できそうな、気持ちよいサウンドが多いです。
Roland Cloud “SRX ORCHESTRA” のように結構かぎられた楽曲で有効なサウンドというよりはオールマイティー
INTGRA7の音と同じような雰囲気というか、作曲するときなんかに、ぱっとイメージした音色が出てくるといった感じですね

ぶっちゃけどうなの?

めっちゃ使える。Roland Cloud “SRX ORCHESTRA”は正直、いつ使うんだろうか・・・・状態だったけど
テクノバリバリっていうより、歌もの、デモ音源とかでめっちゃ使えそうな音盛りだくさん
あと気になったのはbassグループの音色。うまく言えませんが、お?ええやん・・このベースで一曲いけそうやね
っていうベースありきの楽曲で使えそうな音が多かった。キーボードというくくりのVSTだけど、正直キーボードサウンドは普通だったけどベースはかなり尖ってるサウンドでした。

実機との比較


とはいえ、普通に聞きくらべたら、どっちがいいとか悪いとかわかんないッス。実機のほうがなんかパンチあるかな~っていう気分がするっていうだけで、実際にミックスしたら、絶対に判別不能。VSTでエフェクトを縦横無尽にかけられる利点をかんがえれば、実機が勝る点は所有感くらいではないのか・・と
rolandも実機との比較で違いはないどころか、ハイレゾ対応で実機よりクリアなサウンドだせますねぇ
やりますねぇ
あとVSTだから何個起動しても場所を取らない。JV系特有の音数が増えるとモタる・・・もないし
ディットした音色も楽曲ごとにそのままセーブできますので、実機の時のようにパッチを保存、バックアップなんていう
面倒からの解放。最高ですね

とりあえず1か月無料で試せます

ローランドサイト SRX KEYBOARDSページ
ここからメールアドレスいれたらお試し一か月コースで速攻でこのサウンドを体感できます
ぜひ自分の耳で、自分の手で体験してほしい。実機を使ったことない人でも、このサウンドのすばらしさを体感できるはず
SRX KEYBOARDSだけでなく、往年の名器がすべて使用できます。
こんな名器をPC上とはいえ、ズラリとならべて作曲できるなんて・・・・いい時代になったもんだよ
おっちゃんの若い時はな・・・JV2080とかでな・・MIDIパッチベイとかでな・・・配線だらけで・・・しかも20万とかしてな・・・うう・・・

まとめ

早速ですが、このVSTを使って一曲作ろうかな?って思っています。久しぶりに使えるVSTが来た!って感じです
KORGといい、Rolandといい、Arturiaといい、すごい時代ですよね、当時ガチプロしか使えなかった名器がハイレゾで
いつでも手軽にメンテいらずで起動できる。
しかも何台でもレイヤー可能
まじでもうハード音源が消えていくというか価値がなくなっていくんじゃないのか・・・と

ハード音源にこだわりを持って作曲してきた僕としましては、うれしいような悲しいような・・・配線だらけで自作ケーブルを半田コテつかって、いじくりまわしたりラックマウントに満載のハード音源が部屋から消えて、快適になっていく楽曲制作環境。実際問題、プロでもロスのスタジオで~とかしなくても自宅でノートパソコンで完パケ、発売、ミリオンセラーとかしちゃう時代なんですよね・・・・完全に乗り遅れたけど。
まぁ、Roland Cloud SRX KEYBOARDS これはいいものだ。キシリアさんに届けてくれ状態でした。

SRX KEYBOARDS スペック表

Maximum Polyphony 128 voices
Part 1 part
Tone Memory Type 2 Types (Patch/Rhythm Set)
Waves Standard: 1,083 waves
SRX:619 waves
Effects Multi Effects: 78
Chorus: 3
Reverb: 5
Sampling Frequency  44.1 kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz, 176.4 kHz, 192 kHz
Memory 128 memory slots*
*User can make new user banks
Plug-In Formats VSTi 2.4(64bit)* Windows only
VSTi 3.6(64bit)
AU
AAX

twitter

コンテンツ一覧

miyoco musicmiyoco music
ハイレゾで騒音 抗議の音
この点は出ねぇよぉ!!この点はハロゲン
ハイレゾで圧縮せず、内容を濃くしてます
疾風伝説ハナトミのカタマリ
まずスゲぇタフで 最高にやさしい男です
初音ミクボーカロイド楽曲 初音ミク
非圧縮音源でハイレゾVOCALOID公開中
音声合成システム「VOCALOID」ボーカロイド楽曲 Back Tracks
カラオケ音源も非圧縮wavで公開中 
悪質サンプリング音楽悪質サンプリング音楽
声発狂、魂の叫び、恫喝。
シンセサイザー普通のテクノな楽曲
これぞ自己満足。無意味な楽曲。
協力、協同、援助、共同研究、合作、共著、利敵協力楽曲提供作品、コラボ
楽曲提供した曲 高音質でご賞味ください
野外活動 LIVE SOUND
いつだって公開録音なライブ音源。

歌い手 一覧

初音ミクボーカロイド楽曲 初音ミク
非圧縮音源でハイレゾVOCALOID公開中
七篠卯月七篠卯月
圧倒的歌唱力 初代専属歌手
Hiroko井上ヒロコ
友蔵保管庫のエース歌手
友蔵友蔵
友蔵さん自らが歌うという暴挙
日野舞子日野 舞子
時代の声を操る新たな歌い手
珠洲ノらめる珠洲ノらめる
歌える声優を目指していたら歌メインへ
種実-shumi-種実
まったりと誰かの力になれる様な歌
葉月ゆら葉月ゆら
ある業界では有名人との事